狂犬病

3ヶ月以上の子犬は年に1回予防注射を打つことが義務付けられています。 また、初年度のみ保健所にて登録手続きが必要です。 わが国では1957年以降、狂犬病の発症例は報告されていませんが、海外では依然として発生が続いています。 発症すると必ず死亡する恐ろしい伝染病で、人間にも伝染する代表的な人畜共通伝染病です。

混合ワクチン

生後4ヶ月齢までに2~3回接種、その後年に1回接種が必要です。 当院では犬は6種混合、11種合ワクチンの接種を行っています。 猫は3種混合、5種混合、猫白血病、猫エイズワクチン接種を行っています。

フィラリア予防

1ヶ月に1回の薬で確実に防げる病気ですので、予防が非常に大切です。 5または6月から11月くらいまで、1ヶ月に1回薬を飲ませるか、首に滴下するタイプがあります。(1年間有効な注射もあります。) フィラリアに感染している犬に予防薬を与えるとアレルギー反応を起こすこともありますので、安全に与えていただくために事前に血液検査を行います。

※ フィラリア検査と一緒に健康診断(一般血液検査)もできます。

ご希望によりフィラリア検査の血液で一般血液検査(身体の血液の状態、内臓の病気のチェックなど)を行うことが出来ます。

 

ページの先頭へ

去勢手術とは

全身麻酔の下で両側の精巣(睾丸)を摘出します。 傷も大変小さく、およそ1週間後に抜糸した後は通常の生活に戻れます。 去勢手術を受けた動物は繁殖能力がなくなります。

メリットは?

生後6ヵ月の性成熟前に去勢手術を行えば異性の動物や人間に対する性的行動(マウンティング)や、 縄張りを維持するための行動(マーキング)は、ほとんどの場合なくなります。 動物同士の喧嘩や攻撃性も大幅に減らせます。 医学的には、生殖器関連の病気(精巣腫瘍、前立腺肥大、前立腺炎、肛門周囲腺腫瘍など)すべての予防に効果があります。 精巣が陰 の中に入っておらず、お腹の中に留まっている状態(潜在精巣)は、正常な場合に比べて8倍腫瘍になる可能性が高いとされていますが、 これも去勢手術によって未然に防げます。 繁殖できない環境の下での性衝動は、動物にとってもフラストレーションやストレスの原因です。 去勢によってこうした問題から開放され、人間とも、家族としてよい関係を築いていけることになるでしょう。

不妊手術とは

全身麻酔の下で両側の卵巣と子宮を摘出します。 傷も大変小さく、およそ1週間後に抜糸した後は通常の生活に戻れます。 不妊手術を受けた動物は繁殖能力がなくなります。

メリットは?

生後6ヵ月の性成熟前に不妊手術を行えば、異性の動物に対する性的行動はほとんどなくなります。 発情期特有の神経質な状態や鳴き声、発情に伴う出血などが不妊手術によりなくなることは、家族として生活する上で大きなメリットです。 医学的には、生殖器関連の病気(子宮  症、卵巣  、乳腺腫瘍など)を予防することができます。乳腺腫瘍の予防には、手術の時期もポイントです。 ある時期を過ぎて手術を行った場合には、乳腺腫瘍の予防効果は極端に下がります。

去勢・不妊手術のデメリットは?

手術後に太りやすくなる動物が多いです。これは、規則正しい食事や低カロリーの処方食などで対応できます。 性格が変わることを心配される方もいますが、その動物本来の性質が変化することはありません。 攻撃的な行動が減るため、温和で従順になったと感じることはあるでしょう。 その他、ホルモンの変化により不妊手術後に尿失禁が起きる場合がありますが、さまざまな方法で治療できます。 去勢手術、不妊手術の医学的な効果は、デメリットをはるかに上回ります。
不安なことは何でも動物病院に相談してください。

 

ページの先頭へ

身体に異常があっても、ことばをいえない動物からは病気はわかりにくいもの。 そのために、病気の早期発見、治療には健康診断が大きな役割を果たします。 また若くて元気な時から定期的に健康診断を受けることで、その子にとって普段の検査値や、年齢による変化も把握できます。

 

ページの先頭へ

ほき動物クリニック 〒030-0813 青森県青森市松原3-5-13 TEL 017-731-2251・FAX 017-757-8628